鏡を見て、顔にできたニキビにガッカリする女性

ニキビ跡が赤く残っている、紫に残っている・・・これはそのままシミになるのかな・・・と半分諦めている人もいるでしょう。

しかし諦めるのはまだ早い!サイクルプラスを使ってみましょう。
試して損はしない化粧品です。

肌くすみが気になる人にも是非勧めたいのですが、ここではニキビ跡でのケアとしてサイクルプラスがどう働くかをチェックしていきましょう。

ビタミンC誘導体の最高傑作

ビタミンC誘導体には水溶性、油溶性、水溶性と油溶性の両方を持っている3種類のタイプがあります。
ビタミンCは壊れやすい性質を持っているので、誘導体として化合することによって化粧品に含まれています。

そんな中アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチンという通称APPSとイソステアリルアスコルビルリン酸2Naというものが開発されました。

APPSは最新型ビタミンC誘導体であり、浸透力が従来のビタミンCの100倍とも呼ばれていますから、まさに世代交代の時代がきたのかと思わせるような成分となっています。

ニキビ跡は治るのか?

高浸透型ビタミンC誘導体は従来のビタミンC誘導体より浸透力は100倍!

そんな最新型のビタミンC誘導体を豊富に含んだローションで毎日ケアをしたらニキビ跡はキレイに治るのでしょうか?そこが肝心なところです。
実際、赤いニキビ跡の女性は完全に消えた!という口コミをしています。

茶色っぽいシミのようにニキビ跡ができている人は、薄くなったと答えています。
自分のニキビ跡の色合いで決めるのもよいでしょう。

共通して言えるのが、肌が柔らかくなったという点です。

だからからか、化粧水の浸透もスピーディで、美容液もぐんぐん浸透するようになります。

またニキビ跡は赤ければじわじわ治すことができそうです。

思春期ニキビの殆ど、大人ニキビの大多数が赤く色素沈着していると思います。
サイクルプラスを使ってニキビ跡を消そうと思えば、じっくり続けることによって消すことができるかもしれません。

ただ個人差もありますし、茶色ニキビ跡に関してはハイドロキノンのほうが有効性があるとも言われていますから、その点は了承しておきましょう。